株式会社トライ・カンパニー | こんな所で大活躍!保冷材メーカーの株式会社トライカンパニー製造商品は街のあらゆる”場”で活躍しています。

保冷剤の株式会社トライカンパニー
メルマガートライ通信

メルマガ「トライ通信2020/10/01 第12号」

≪1≫ごあいさつ
≪2≫今月のはやみさん ~読んで得するお役立ちコラム~
≪3≫今月のスポットライト ~キャッチクリンシリーズ~
≪4≫テイクアウト用保冷材について
≪5≫秋の夜長は何してる?
≪6≫編集後記

≪1≫秋・冬号のごあいさつ

はじめに

 コロナ感染拡大、まだまだ収束のきざしが見えてきませんが、その一方で、世の中は感染者の減少傾向の中、経済復旧のためにさまざまな行動規制が緩和されてきましたね。

規制がゆるむと人の動きが活発になるでしょうが、そのことによって、また感染者が増えるんじゃないか、、、不安で複雑な胸のうちですね。

わが社が、この春から開発に取り組んでいる二酸化塩素を活用した新製品、「キャッチクリン シリーズ」がいよいよ完成します。二酸化塩素は、強力な酸化力を持ち、ウィルスや細菌に反応して瞬時に不活性化するという特性があります。しかも安全。 空間除菌用途のジェルタイプと併せて、マスクをたたんで収納するマスクケース用のゼオライトタイプも同時に発売開始します。

≪2≫今月のはやみさん

【~読んで得するお役立ちコラム~】

メルマガを購読してくださる皆様、今号もお読みいただきありがとうございます。経理チームの速水でございます。

今回は間違って覚えていそうな言葉をピックアップしてみました。
いつも何気なく使っている言葉、会話の中であれ?と思う事ってありませんか?
その言葉って正しいのはどっちだっけ?とか、その使い方おかしくない?と思ったり。

例えば・・
『役不足』って言葉。この言葉はお芝居の世界で役者にとって役が不足している、その役では役者の力量に対して物足りない、という意味です。
自分に与えられた役目や務めに対して「いや~、私には役不足ですから・・^_^;」というのは間違い。この場合、正しくは『力不足』です。意外と勘違いして使われていることが多いんです。

役不足→その人の力量に比べて、役目のほうが軽いこと。
力不足→与えられた役目をこなす力量がないこと。

他にも耳にしたり、目にする言葉で間違い・勘違いがちらほら。

愛想を振りまく愛嬌を振りまく
押しも押されぬ押しも押されもせぬ
足下をすくわれる足をすくわれる

けっこう間違えて覚えている人、多いんじゃないかな?と思います。

一応→いちよういちおう
一段落→ひとだんらくいちだんらく
(誤)すいませんすみません

以下、正しいのは右側ですが、最近はどちらでも使うようになってきた言葉です。

代替→だいがえだいたい
少しづつ少しずつ
懸命懸命→1つの砦を
命を懸けて守る、という意味

もしかしたら日常的に使っているかも?正しい日本語を使いましょうね!

≪3≫今月のスポットライト

【キャッチクリンシリーズ】

今回ご紹介するのは、10月中旬より販売を開始する新商品、二酸化塩素の力でウィルス除去・空間除菌・悪臭除去に効果を発揮する【キャッチクリン】【キャッチクリンZEO】【キャッチクリンZEOマスクケース用】です。

○【キャッチクリン】

簡易型の二酸化塩素発生器。ゲルパックに酸化剤を振り掛けることで反応が始まり、6~8畳で6~8週間徐放し続け、安全、安心な空間を生み出します。
安心のALL JAPAN MADEです。

○使用方法

使用用途

オフィス・介護施設・ホテルの客室・玄関・リビングルーム


○【キッチクリンZEO】【キャッチクリンZEOマスクケース用】

顆粒状天然ゼオライト使用の二酸化塩素製剤を、フィルムと不織布で挟み込む独自の技術でシート状に加工した手軽なタイプ。上記の図のように家の形をしたパッケージで、吊るして使用します。低濃度の二酸化塩素を安定的に放出し、ウィルスの除去・除菌・防カビ・消臭効果が1シートで約2ケ月持続します。
マスクケース用は、収納したマスクの除菌・消臭に効果があります。 ※ご使用環境によって効果は異なります。

○使用方法

キャッチクリンZEO使い方

○使用用途

【キャッチクリンZEO】
クローゼット・トイレ・下駄箱など

【キャッチクリンZEOマスクケース用】
マスクケース(*マスクケースは、ご自分のマスクケースをご利用ください)
詳細は弊社ホームページをご確認ください。(近日掲載予定)

≪4≫テイクアウト用保冷材について

新型コロナウィルスにより、お取引先様を含む飲食店において、来店者数が激減しました。ただ、このコロナ禍を乗り切る為に多くの飲食店がテイクアウトのサービスを始め、更にこの夏の猛暑と重なって保冷材の需要が高まり、6月頃よりナイロン・不織布タイプの40g~200gを中心に例年以上のご注文をいただきました。 特にナイロンの200gをご使用いただいておりますお取引先様からは、テイクアウト用として昨年の5倍以上のご注文をいただきました。

また、店名などを印刷したオリジナル保冷材のお問い合わせも増えてきており、今後更に需要が高まることが予測されます。
20g~1㎏まで各種取り揃えております。テイクアウトのサービスをご検討されている皆様には、是非弊社の保冷材をご利用ください。

ナイロンタイプ不織布タイプ
重 量:20g~1㎏
サイズ:7cm×7㎝~19cm×28㎝
特徴 :安価タイプ
使用例:お惣菜・お弁当など
重 量:30g~500g
サイズ:7㎝×9㎝~14㎝×22㎝
特徴 :結露防止
使用例:洋菓子など

≪5≫秋の夜長に何してる?

今年の夏は初めてといって良い、時間(とき)を体験しました。
寝苦しかった夜は快適な時間へ移り変わり、昼よりも夜の時間が長くなります。「秋の夜長は何してる?」
私は長い夜に宇宙旅行へと・・・。

さて、宇宙旅行と言っても気分だけ、実際は星の観望と撮影に出かけて秋の夜長を楽しんでいます。
梅雨の時期から夏にかけては天候不順のため、星空を求めて遠征も多く、また時間もピンポイントと撮影チャンスに恵まれずストレスがかなり溜まってしまいます。しかし、秋になれば、長くなった夜と天気が安定へと向かうので、近場で余裕をもって観望や撮影ができます。

秋の夜空といえば、図1のような、秋の大四辺形のペガスス座、アンドロメダ座、カシオペア座が代表的で見つけやすい星座です。

図1

また、見かけでは満月の5倍ほどの大きさに見えるアンドロメダ銀河(M31)がのぼってきます。街中からだと、秋のよく晴れた日にぼんやり見える程度ですが、双眼鏡を使えば容易に観ることができます。ちょっと足を延ばして、街明かりの影響がすくない、山間部へいけば、肉眼でも十分確認できます。

M31アンドロメダ銀河は、われわれの天の川銀河から250万光年(1光年は光が1年間に進む距離)、大きさは22~26万光年、天の川銀河は8~10万光年なので約2.6倍。そして、毎秒122㎞で天の川銀河へと近づいています。アンドロメダ銀河は約40億年後、天の川銀河に衝突し飲み込んでしまいます。

PHOTO by 鈴木

休日前のよく晴れた夜は、夜:星の撮影→朝:帰宅寝る→昼:起きる→一杯やりながら撮影データの編集が私の行動パターン。特に昼から一杯やりながらの撮影データ編集が一番の楽しみかも。
天体の話になると時間と距離の感覚が違いすぎて、実感しにくいのですが、とにかく宇宙ってでっかいということ。
下から見上げているようですが、時間と距離感のギャップを感じながら観望し撮影していると、何となく宇宙空間にいるようで、そこから自分たちがいる地球を俯瞰しているように感じられます。

私たちの存在はチリにも満たない大きさ。その営みは、ほんの一瞬のできごと。だから、1分1秒を大切にしていきたい。 コロナ禍にあって、新しい生活習慣、新しいビジネス様式になっても下をむくことなく、上を向いて過ごしてはいかがでしょうか。

≪6≫編集後記

10月といえば、秋です。秋は実りの秋ともいいます。お米や果実などの収穫時期でもあります。

日本人は春夏秋冬を目で見たり、肌で感じたり、その時々にあわせてお祭りを企画し、皆で一緒に祝う事で地域コミュニケーションが成立してきた長い日本文化の歴史があると思います。しかし、今年はほとんどのイベントが新型コロナウィルスの影響を受けて、中止を余儀なくされました。
それでも、人々は何か行動したいと立ち上がり「コロナ収束祈願の花火を打ち上げるプロジェクト」が全国各地で誕生した事は周知のとおりです。

この時期に、規制が緩和され、菅新総理のもと、「Go To キャンペーン」を積極的に活用し、経済の復活、活性化に向けて動き出しましたが、なかなか晴れ晴れとした気分になれないのは、マスクを取ることができないからなのだと感じています。美味しいものをたくさん食べて、実りの秋を満喫したいものです。 

R・T